スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エミレーツ航空(EK)サンパウロ線就航

業界紙『日刊トラベルビジョン』記事から・・

FIFAをはじめサッカー界でも馴染みのキャリア=航空会社『エミレーツ航空』が10月1日から就航したこれまたサッカー南米の聖地の一つサンパウロ線が好調のようです。

今後Jの各チームに所属するブラジル人選手達もこのフライトで里帰りすることもあるでしょう。
注)EK:エミレーツ航空のコード
  NGO:中部国際空港 
KIX:関西空港
DXB:ドバイ
SAO:サンパウロ


◆エミレーツ、ドバイ/サンパウロ線に就航-中部発の利用者も好調(10.10)

 エミレーツ航空(EK)は10月1日、中東/南米間で初の直行便となるドバイ/サンパウロ線に週6便体制で就航した。中国や韓国、インド、マレーシア、オーストラリアなどからの乗客をはじめ、中部国際空港発の乗客も、今後数ヶ月間に当初の想定を2倍近く上回る予約が入っているという。

 EKでは、デイリーで運航する中部や関西国際空港発ドバイ線との接続が、最長で4時間45分であることから、日本からドバイ経由の南米旅行の需要拡大にも期待を寄せている。特に名古屋周辺にコミュニティを持つ、日系を含むブラジル人からの需要は高いとしており、北米やヨーロッパを経由する場合に必要なトランジットのビザが、ドバイでは必要ない点も前面に出したい考え。

 ドバイ/サンパウロ線にはボーイングB777-200LR型機を投入しており、座席数はファーストクラス8席、ビジネスクラス42席、エコノミークラス216席で、合計266席。新エンターテイメントシステムを導入し、1000チャンネルを超える映画、テレビ、ゲームを用意したほか、デジタル写真を画面上で鑑賞できる「マイUSB」や、約1万曲の楽曲の中から好みに応じたプレイリストを作成できる機能も提供している。


▽ドバイ/サンパウロ線運航スケジュール
□夏時間(2007年10月1日-2007年10月20日)
EK261 DXB 09時30分発/SAO 18時00分着(木曜日以外)
EK262 SAO 01時25分発/DXB 23時05分着(金曜日以外)
□冬時間(2007年10月21日-2008年3月下旬)
EK261 DXB 09時30分発/SAO 19時00分着(木曜日以外)
EK262 SAO 01時25分発/DXB 21時15分着(金曜日以外)

▽中部/ドバイ線運航スケジュール
□夏時間(2007年3月25日-2007年10月27日)
EK315 NGO 22時45分発/DXB 4時55分着(翌日)
EK314 DXB 02時45分発/NGO 17時40分着
□冬時間(2007年10月28日-2007年3月下旬)
EK315 NGO 22時45分発/DXB 5時55分着(翌日)
EK314 DXB 02時45分発/NGO 16時40分着

▽関空/ドバイ線運航スケジュール
□夏時間(2007年3月25日-2007年10月27日)
EK317 KIX 23時15分発/DXB 4時45分着(翌日)
EK316 DXB 02時50分発/KIX 17時20分着
□冬時間(2007年10月28日-2007年3月下旬)
EK317 KIX 23時15分発/DXB 5時45分着(翌日)
EK316 DXB 02時50分発/KIX 16時40分着


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://groovemycks.blog65.fc2.com/tb.php/210-52b914f0

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。