スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯南ア大会についての気になる記事②

2日続けて日刊トラベルビジョンにW杯南アフリカ大会関連の記事が・・


***********************************************************************

南アのサッカーW杯に向けシンポジウム、観光の影響など
-RCAPS、南ア主催

                                    [掲載日:2008/10/17]

 立命館アジア太平洋大学立命館アジア太平洋研究センター(RCAPS)は10月23日、
南アフリカ観光局と共同で、RCAPSシンポジウム「2010 SouthAfrican Wirld Cup:Le
arning from the 2002 Korea Japan Experience」を開催する。2002年の日韓ワール
ドカップ(W杯)の経験を2010年の南アフリカでの開催に活かすことを目的とするもの。
 南アフリカではサッカーW杯をアパルトヘイト終焉に次ぐ歴史的な国家事業としており、
最優先事項として技術的に整備された環境提供と地域の観光業の促進をあげている。

 シンポジウムの会場は、大分県別府にある立命館アジア太平洋大学で、当日は日韓
W杯が大分県や地域の発展に与えた影響、さらに世界的なスポーツイベントの開催によ
る観光への影響などについて専門家が議論を交える。例えば、南アフリカ観光局最高マ
ーケティング責任者のロシェーン・シン氏が、同国が歴史的国家事業と位置づけるW杯に
向けた準備と観光に対する世界的ピーアールの可能性を示すほか、日本旅行業協会(J
ATA)の南アフリカ旅行拡大ワーキンググループ座長を務めるジェイティービー国際部長の
古澤徹氏が、南アフリカへの観光展開に対するJATAの活動を紹介。そのほか、駐日南ア
フリカ大使館一等書記官のグーラム・ダーウッド氏、エミレーツ航空(EK)西日本支店長の
田中和久氏、前大分県知事の平松守彦氏らが登壇する

*************************************************************************

昨日のJFA犬飼会長の2010年代替開催はない、との発言もあり今後急速に南アフリカ開催
が決定的になりそうですね。犯罪多発国ですから、なにより治安が一番心配されます。
が、その点に関しては恐らく南ア政府には秘策があるのでしょうね・・・。

IMGP0463.jpg

EKの田中さん、相変わらず忙しそうですね。(笑)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://groovemycks.blog65.fc2.com/tb.php/478-9de3290d

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。